現状問題
/この現場は、8年もの長期にわたり土砂ダム含む谷止工などの土砂流出防止対策工が施工されてきたが、満砂(平常時にダム内への土砂流入)による機能低下などにより、それを乗り越えて大雨の度に土砂流失を繰り返す現状工法。

土石流対策も同様ですが、自然山系より無尽蔵に供給される流下土砂を物理的に受けきれる理由はなく、結果的に一過性の対策になってしまい繰り返し土砂流出が発生しています。

有効対策/自然の山は、適度な排水・土壌固結により安定しています。ゲリラ豪雨など上部域の表層下に流入した多量の水を処理できず水圧が上がり、爆発的に崩落して流出します。つまり、その原因域に発生した問題を都市域の治山技術で既に実績のある集排水工や鉄筋挿入工・グランドアンカーで排除すれば解決します。大規模施設が不要で、これらの高所施工が出来る無足場アンカー工法で経済的に早期に解決できます


★昨今のゲリラ豪雨を起因とした河川の氾濫は、報道で
 みられるように崩落流下した膨大な流木と土石が橋脚
 で詰まって発生しています。
 つまり、従来の治山方法では対応できないのです。
 一方、流下が水だけなら河川の氾濫は発生せず河川
 機能で対処できますが、林業衰退による山域保水力
 低下は深刻であり、根張りの低下から山体崩落など
 従来では考えられない事例も発生しています。
 全て解決するには早急な原因域への対策が必要です



 下図の対策概要を参照。

 土砂災害対策に施工される鉄筋挿入工・アンカー工の抑止理論を学びましょう
 
仮設足場不要/高所・飛地・狭小地などの場所を選ばない先進工法+独自開発のロータリーパーカッション削孔機の実力

 無足場アンカー工法TM   鉄筋挿入工 グランドアンカー工 集排水ボーリング 
 Slope Drive method of construction by Wire operation  数々の特許取得で立証された最先端技術!

 
                   <<情報サイトの選択>>
・・・下線の文字域をクリックして下さい!

TOP | 工法開発の歴史 | SDW工法の特徴 |二重管削孔単管削孔
複数機施工大型受圧板最速施工 |
安全施工
樹間施工土砂災害対策 |
土石流対策防塵・防音・凍結防止・油圧冷却装置難工事施工例高所立会方法
老朽化斜面対策/アイビーウォール凹凸対応受圧板/キャッチアーム
協会員施工実績新聞・論文評価技術証明資料

以下に他工法の問題点を記載  以下のような不正をいつまで許すのですか? 恥ずかしい・・・日本人の技術・誇りにかけて撲滅しましょう
 
各不正施工を解説
不正施工の対策検証軽量機の足場数量不正
 強度不足グラウト充填品質 自穿孔検証 
吊り台車の限界
クライミング削孔削孔要素不備インバーターチゼル 
 ケーシング削孔の詭弁 真実の削孔比較 
| 二重管偽装
拡径ビットでは二重管不可 /不正二重管証明動画を暴く

 

                
              そもそも何のための技術 ? 

 
         土砂災害(土石流・がけ崩れ・地滑り)は、降雨等により高所地に発生した含水率の
        高くなった土砂が高所から低地への滑り下り下流位置に被害をもたらします。
        従来の対策は、高所地なので設備の搬入等により施工が困難で、コンクリート砂防
        ダムなど下流域で土砂を受け止めるものでしたが、費用対効果が低く・対策速度が
        遅いなどの課題が多いものでした。
        以下に説明する鉄筋挿入工・アンカー工・集排水工は、実績豊富な抑止対策工で
        あり無足場アンカー工法により、今まで施工困難であった上流発生域へ直接、効果
        の高い対策ができるようになりました


                             【 鉄筋挿入工の抑止概要 】 

         

      
        

 
★現状土砂対策(待ち受け対策方法)の限界

  
 





  
 ★無足場アンカー工法による発生原因対策と恒久的な性能維持 

 
             
原因域を対策しないと永遠に復旧出来ない

 

   ***********************************************************************************************
          
●二重管削孔?/鉄筋挿入工でのケーシング削孔 
 
            
折角の対策も目的を歪めた虚偽施工だと効果が無いので無意味です

   
        不正なケーシング工法でも何故、試験に合格するのか?

         ★3/不正業者は"多くの検査に合格してきている"と言って品質保証をPRしますが、
             なぜ、品質不足懸念が明白なのに合格したのか ?その理由を以下に説明します。
             鉄筋挿入工・アンカー工は、法枠工などと違い、直接原因に対策する抑止工として
             効果が認められています。しかし、その必須方法である二重管削孔をするには高性能
             な高重量機が必要なので、足場仮設も大規模となり経済性は低いものでした。

             そこで、小型機による工法が考案されてきましたが、当時は技術指針がほとんどなく
             明確な工法知識も浸透していない状況で、知識不足から虚偽技術が受け入れられて
             長時間の強度検査も後日結果報告などの手薄な検査も追い風となり、信用力のある
             法面ゼネコン主導(全国特定法面協会)の推奨工法=虚偽が盲目的に採用されてきた
             のです。こんな裸の王様のような馬鹿な話が、この日本で不幸にもまかり通っています

             しかし、それでも"検査に合格"するのは何故か?という事ですが
             工法の強度発現に対する懸念があるためか、設計時の想定強度の安全率(割増率)が高い
             (設計指針もゼネコン主導)という側面と実際の強度確認試験には、時間を要す(1時間以上)
             ので全時間立会が行われるのは稀で、写真添付だけによる報告書提出で済ますのが実態。

             また、施工後で足場仮設が撤去されているので試験位置についてもランダム指定ではなく
             業者選択(斜面ではなく、歩ける小段周辺)なので、検査として甘い要素が多いのです。

             これは、業者の不正が反映しない会計検査では指摘されていて、知識の無い行政の責任を
             指摘しています。やはり当初から客観的に強度が担保される完全な二重管工法を選択する
             必要性は必須と思われます ・・・・ 
会計検査の指摘
 二重管の意味 真実の削孔比較


           ※ 設計の困難性について

             土砂滑りの原因は、おおまかに説明すると降雨などで定着層(岩)と移動層(土砂)の間に
             水が入る事で潤滑油となり、斜面にある含水した移動層重量を支えられなくなって滑りが
             発生するメカニズムです。そこで重要なのは、定着層までの深度測定ですが、法面正面を
             向いて斜方向に上中下に3点コアボーリングで土質サンプルを採取し、その平均で深さを
             推測する方法です。しかし、背後土圧に押されて不安定となった斜面は、外観の見た目で
             判別不能ですが地表近くの土層も歪んでおり、採取位置により大きく深度が異なる場合も
             多く誤差が大きくなります

             

           【設計データ】調査ボーリングにより想定滑り曲線(滑り土層深)を割り出す 
            
           

      設計の測定データである調査ボーリングは、上図のように地中の測定なので、地層歪み状態など
        
        の把握など正確なデータの把握は限界で困難です。

        その為、設計指針にあるように"設計諸元を確認する為に施工前に行う引抜試験"は必須です。

    この試験でも足場仮設が不要な無足場アンカー工法は、経済的に的確な位置で試験ができます


 
      つまり設計結果を実際に試験施工で確認しないといけない程、設計は困難なのです

       このように苦心して設計された施工を、明白に施工技術懸念のある工法で行うこと自体、

       設計から施工の連携がなく強度不足という最終的に残念な結果となります。


      ※地中なので保護管が無いグラウト注入が、落盤や固結によるアンカー体造成不足の原因と

       なる事の確認は困難ですが、客観的に設計強度が担保されない懸念は当然、高いです。

       実際に会計検査でも指摘があるように施工後の崩落調査でアンカー体が地中で完全に

       造成されていない事例は多くあります
                                   ・・・無足場アンカー工法にて修復した実績より


                
【 不完全なグラウト注入によるアンカー体の変形 】 

   

       
※注入を割増係数で多くしたから充填できるわけではなく、急速に流動性のなくなるグラウトを

        小口径のグラウトホース注入するので、ゆっくりしてると先端が詰まって充填できない。

        また、地中での充填認識はホースの注入具合ではわかるはずもなく、不完全なままで引き抜き

        口元で停止して溜めて噴出させ、虚偽のオーバーフロー確認をみせかけているのが現実。

        本来の二重管では大口径の外管ロッドが保護管として残してあるので管内注入で溢れるのを
   
        待てば良く、これが確実に品質を確保できる根拠であり、他の方法ではできない事です。



    
【結 論】
    
  
      内ロッドと外ロッドの二重の削孔管で削孔し、内ロッドだけを抜き外ロッド(以後保護管)を残したまま
     次工程の鉄筋挿入・グラウト注入後に外ロッドを抜いて注入品質を確保する。これが、二重管削孔です

     削孔性能が劣り、内ロッドと外ロッドで同時削孔できないので内ロッドに外ロッドより大きいの先頭ビットを
     付けて
削孔後には全抜きしかできないケーシング工法では、上記説明にあるように落盤によりアンカー体
     形状が欠損して、周面摩擦抵抗が減少して設計強度は発現しません。

     鉄筋挿入工・アンカー工は、毎年のように死亡事故が発生する土砂災害を抑止する重要な
     人命に関わる対策工です。この強度成果の怪しい施工を軽々に継続していると
     将来、必ず世間の知る事となり社会問題を引き起こします。

     大手の企業信用力で技術は開発できません。大手の虚偽PRに騙されずに発注者・設計者は、
     このHPで知識を習得し、自身の常識・客観的な判断で工法選択してください。

     ※ 最高技術である大型ボーリング施工では、高削孔性能を求めて無足場アンカー工法と同じ
       ロータリーパーカッション式二重管削孔を例外なく採用しています 
  図解説明へ

  ***********************************************************************************************

                 
  【 グランドアンカー工の抑止概要 】 
 
       ※グランドアンカーは、削孔長が長く、性能的にロータリーパーカッション二重管削孔でないと明白に
        施工不能なので、鉄筋挿入工に存在するケーシング削孔のような品質懸念のある施工はありません

          

    ※ グランドアンカーは、深く削孔して、事前に緩く大量の滑り土砂を強力なジャッキで締め付けて
      固結化させ地中に深く広い遮断土砂壁域を造成させ地中原因域から滑りに対策するものです
      削孔長が長くなるため、削孔難度は高くなりますので、二重管削孔は必須であり例外なく採用
      されています

      鉄筋挿入工は同様に表層部分(深さ7m迄)の滑りエネルギーを衝突させて遮断土砂壁域を作り
      対策します。共に対策効果は大きく、斜面の滑り原因位置の深さや脆弱度により選択されます

     




******************************************************************************************************************* 
 

スポリカ株式会社/工法運営体制
 ● スポリカ株式会社/本社/総合管理本部 

   〒683-0853 鳥取県米子市両三柳954−3アロサールB-101
    TEL : 0859-57-3520  FAX : 0859-57-7378    
muashiba_sporec@yahoo.co.jp

                                         
 ● スポリカ株式会社/企画設計部/西日本営業本部                    
   〒683-0853 鳥取県米子市両三柳922番地1

    090-6833-6601          srk@triton.ocn.ne.jp

 ● スポリカ株式会社/関東支店/東日本営業本部 
   〒134-0084 東京都江戸川区東葛西3−10−2 211号 
    080-4323-1901          srk-tokyo@sc5.so-net.ne.jp                                 

 ■ 無足場アンカー工法 DEPO/配送整備工場
  
 〒729-5124 広島県庄原市東城町東城/中国縦貫自動車道東城インターより5分 

  無足場アンカー協会事業部/開発実験研究施設                       
   〒683-0033 鳥取県米子市長砂町720番地11

    TEL&FAX : 0859-29-1836   muashiba_sporec@yahoo.co.jp



鉄筋挿入工 グランドアンカー ロックボルト 土砂災害 切土補強土工 鉄筋挿入工 鉄筋挿入工 鉄筋挿入工 鉄筋挿入工 鉄筋挿入工
グランドアンカー 鉄筋挿入工 グランドアンカー ロックボルト 土砂災害 切土補強土工 ロックボルト 地滑り対策 二重管削孔 ロータリーパーカッション
土砂災害 鉄筋挿入工 グランドアンカー ロックボルト 土砂災害 切土補強土工  地滑り対策 二重管削孔 ロータリーパーカッション
鉄筋挿入工 グランドアンカー ロックボルト 土砂災害 鉄筋挿入工 グランドアンカー ロックボルト 土砂災害 土砂災害 土砂災害
最適工法  鉄筋挿入工 グランドアンカー ロックボルト 土砂災害 切土補強土工  地滑り対策

ータリーパーカッション