高所・飛地・狭小地などの場所を選ばない先進工法+独自開発のロータリーパーカッション削孔機の実力

 無足場アンカー工法 真実の先進技術を治山・災害工事に反映
  拡径ビット削孔は、さく井用の製品。法面では用途外使用で使用不能です
 Slope Drive method of construction by Wire operation

 
                   <<情報サイトの選択>>
・・・下線の文字域をクリックして下さい!

TOP | 工法開発の歴史 | SDW工法の特徴 |二重管削孔単管削孔
複数機施工大型受圧板最速施工 |
安全施工
樹間施工土砂災害対策 |
土石流対策防塵・防音・凍結防止・油圧冷却装置難工事施工例高所立会方法
老朽化斜面対策/アイビーウォール凹凸対応受圧板/キャッチアーム
協会員施工実績新聞・論文評価技術証明資料

以下に他工法の問題点を記載  以下のような不正をいつまで許すのですか? 恥ずかしい・・・日本人の技術・誇りにかけて撲滅しましょう
 
各不正施工を解説
不正施工の対策検証軽量機の足場数量不正
 強度不足グラウト充填品質 自穿孔検証 
吊り台車の限界
クライミング削孔削孔要素不備インバーターチゼル 
 ケーシング削孔の詭弁 真実の削孔比較 
| 二重管偽装
拡径ビットでは二重管不可 /不正二重管証明動画を暴く
 


                                                                            

                    拡径ビットでは法面二重管削孔が困難な理由

  無足場アンカー協会は、現場技術者・工学博士・技術士及び特許法律専門家と連携して
  技術を検証し、公共工事における不正工事を告発しています !


 ☆真実の声・・・発注者・設計者の方々は不正業者の詭弁に騙されないでください。

 SD工法=不正業者は、”
拡径ビット利用で法面二重管削孔が出来ると虚偽PRをしていますが、
 実際は出来ません。メーカー資料にあるように拡径ビットは、さく井工事のような重力が垂直に影響する
 地下ボーリング削孔ビットです。法面削孔のような重力が横方向からかかる施工ではビットが偏向方向に
 作用するので孔壁曲がりや削孔屑の挟まり等が多発し、困難が生じます。

 ※
不正業者が拡径ビット施工で二重管削孔可能と見せかけた不正ビデオを解説します・・・ リンク
  実際は拡径ビットでは出来ないので事前に単管削孔して偽造編集で製作した詐欺ビデオ


 ”法面のように横方向に重力が影響する用途外使用の環境下では、以下の理由で極めて困難です
 (弁護士による訴訟の準備照会/内容証明にてメーカー担当者談)。

 鉄筋挿入工等は斜面災害を防ぎ近隣住民の生命に関わる重要な工事です。
 外視確認できない地中施工ですので、不正が分かりにくく摘発困難ですが、
 設計強度を確保する為、通常のロータリーパーカッション削孔(大型機は全てこの方式)が
 可能である事が以下の流れとなり、客観的な品質証明となります。
 (削孔品質確保/孔壁確保⇒設計アンカー体造成⇒設計強度確保)
 拡径方式やケーシング(鞘管)方式、自穿孔などは二重管削孔は不可能です。
 (参照/このサイト上部の”真実の二重管”サイトをクリックしてください)
 それが可能なら特許レベルの技術です。不正業者が語る、砂質土・粘性土では可能?
 のような都合の良い土質の斜面は、表層部のような破砕層では滅多にありません


                             
 

    
    

 
 ※拡径ビット・・・さく井工事(井戸掘りなどの垂直削孔)に使用される先端ビットの開閉製品。

  


          
 こんな大型の井戸掘り用削孔理論を作用する条件が違うのに無視して
 無理やり法面に転嫁した机上の空論的な虚偽理論。
 削孔形態や用途が違う事への弊害を考えて無責任な理論を自粛してください。

 ※さく井工事/このような巨大な機械で垂直方向に主に重量で削孔するもの。

 ※色々なタイプがありますが、本来の使用方法である垂直方向でないと隙間に土石が挟まりやすい
  ので横方向重力がかかる法面削孔では内ロッドの中抜き不能などの障害が頻繁に発生する。

 

  
 【 検 証 】

 
★法面は重力方向が横向きでかかるので削孔屑が詰まり内管抜き不能

 削孔理論は、常に推進力(押し込み)を繰り返し打撃・回転力で削孔する
 ので内管を抜く時にビット格納しようとしても外管のケーシング(鞘管)と
 の隙間に土砂や岩が固く詰まり、隙間が無いので出来ません。

 つまり、垂直方向施工(さく井=井戸掘り等)なら重力が真下の廃棄方向
 に作用するので削孔屑が挟まれず、回避できるのが拡径ビットです。

 

 

                                                          ページの先頭 

 

********************************************************************************************************************
 スポリカ株式会社/工法運営体制

 ● スポリカ株式会社/本社/総合管理本部 

   〒683-0853 鳥取県米子市両三柳954−3アロサールB-101
    TEL : 0859-57-3520  FAX : 0859-57-7378    
muashiba_sporec@yahoo.co.jp

                                         
 ● スポリカ株式会社/企画設計部/西日本営業本部                    
   〒683-0853 鳥取県米子市両三柳922番地1

    090-6833-6601          srk@triton.ocn.ne.jp

 ● スポリカ株式会社/関東支店/東日本営業本部 
   〒134-0084 東京都江戸川区東葛西3−10−2 211号 
    080-4323-1901          srk-tokyo@sc5.so-net.ne.jp                                 

 ■ 無足場アンカー工法 DEPO/配送整備工場
  
 〒729-5124 広島県庄原市東城町東城/中国縦貫自動車道東城インターより5分 

  無足場アンカー協会事業部/開発実験研究施設                       
   〒683-0033 鳥取県米子市長砂町720番地11

    TEL&FAX : 0859-29-1836   muashiba_sporec@yahoo.co.jp



鉄筋挿入工 グランドアンカー ロックボルト 土砂災害 切土補強土工 鉄筋挿入工 鉄筋挿入工 鉄筋挿入工 鉄筋挿入工 鉄筋挿入工
グランドアンカー 鉄筋挿入工 グランドアンカー ロックボルト 土砂災害 切土補強土工 ロックボルト 地滑り対策 二重管削孔 ロータリーパーカッション
土砂災害 鉄筋挿入工 グランドアンカー ロックボルト 土砂災害 切土補強土工  地滑り対策 二重管削孔 ロータリーパーカッション
鉄筋挿入工 グランドアンカー ロックボルト 土砂災害 鉄筋挿入工 グランドアンカー ロックボルト 土砂災害 土砂災害 土砂災害
最適工法  鉄筋挿入工 グランドアンカー ロックボルト 土砂災害 切土補強土工  地滑り対策