軽量機による不正な削孔工法が氾濫してますが、やはり二重管削孔は、大型機が全採用しているロータリーパーカッション方式だけです

 無足場アンカー工法/ 二重削孔の施工品質性能

 Slope Drive method of construction by Wire operation
 
                      <<情報サイトの選択>>
・・・下線の文字域をクリックして下さい!

TOP | 工法開発の歴史 | SDW工法の特徴 |二重管削孔単管削孔
複数機施工大型受圧板最速施工 |
安全施工
樹間施工土砂災害対策 |
土石流対策防塵・防音・凍結防止・油圧冷却装置難工事施工例高所立会方法
老朽化斜面対策/アイビーウォール凹凸対応受圧板/キャッチアーム
協会員施工実績新聞・論文評価技術証明資料

以下に他工法の問題点を記載  以下のような不正をいつまで許すのですか? 恥ずかしい・・・日本人の技術・誇りにかけて撲滅しましょう
 各不正施工を解説/
不正施工の対策検証軽量機の足場数量不正
 強度不足グラウト充填品質 自穿孔検証  
吊り台車の限界
クライミング削孔削孔要素不備インバーターチゼル 
 ケーシング削孔の詭弁 真実の削孔比較 
| 二重管偽装
拡径ビットでは二重管不可 /SD工法による不正二重管証明動画を暴く


 ******************************************************************
   二重管削孔/"孔壁が自立しない"=削孔後、孔内が落盤する土質の施工
 ******************************************************************

 不正実態/法面ゼネコンが虚偽営業しているケーシング削孔は、二重管削孔では無い
 二重管削孔は、孔壁が自立しない(落盤)土質での施工で注入工までを完全に行う目的で実施します。
 これは、大型ボーリングの施工でも例外なく行われている常識です。しかし、大手法面ゼネコンが主導し、
 技術指針(施工無知の大学先生を理事にして・・・)のように長く扱われてきた全国特定法面保護協会が
 二重管削孔可能としているケーシング削孔(下図②で全抜きする/ケーシング削孔の詭弁 真実の削孔比較 )は、
 削孔時だけの落盤保護でしかないのに"二重管施工"だという詭弁で不正工法の普及を推進しています。

 
 ★最近多く報道されるゼネコン各社による不正だらけの実態でも、本気で"大手だから信用できる"という
  怠惰な姿勢で不正工事を野放しにする発注は、営業推進会社に"どうせ技術無知で指摘出来ない
  と馬鹿にされている"と認識すべきです。
  本年だけでも明確な不正の他工事設計を無足場アンカー工法へ変更して是正しました。
  土砂災害工事の不正は、財産・人命消失に直接関わり、被災者も多いので必ず社会的に糾弾されます。
  証拠は既に充分に揃っていますし、知識が無くて不正を知らなかった、下請けが勝手にやった等の言い訳
  は、許させるものではありません。
  不正工法推進に関わっている全ての会社・人員は、社会悪に加担していると認識すべきです。

  【二重管削孔/ロータリーパーカッションの施工手順】 

  
(赤字がポイント!これが出来なければ二重管の意味がない!)    

外管と内管で打撃・回転同時削孔
     削孔後、外管を残し内管だけを抜いて保護空間造成
  打撃・回転専用削孔ビットで効率よい     外管内径より内管ビットが小さいから内管が抜ける
      
  
落盤から保護された外管内で高品質処理 ④グラウト充填後、外管を抜きアンカー体を造成する
  内部処理/鋼材挿入・グラウト注入
       高品質・低コスト施工完全注入後、外管抜く!
            

 
無足場アンカー工法の技術1/動力構成を変えて、小型機で完全二重管に成功

※下記の二重管削孔は、自穿孔、ダウンザホールハンマー+ケーシング削孔、部分二重管等の
  不確実な削孔方式ではなく、大型機と同じロータリーパーカッション方式の完全二重管です。
  これは、大型ボーリング機以外では、唯一、無足場アンカー工法だけが可能です

1号機/削孔径 65㎜迄/単 管 削孔長5m迄。
2号機/削孔径 70㎜/二重管 削孔長5m迄、ロストビット完全二重管削孔。自穿孔より安価!
2号機/削孔径 90㎜迄/二重管削孔長7m迄。
4~5号機/削孔径115㎜迄/二重管基本、削孔長20m迄

※5号機は巨石落盤が特に激しい稀な現場用に開発しています。大型ボーリング機比較で
 引抜力30m級、打撃60m級、回転30m級の性能ですが、最大削孔長20mとしているので
 無足場アンカー工法施工範囲では、十分な性能です。 詳細な比較表確認・・・ リンク

 削孔機性能表
形式
単位
無足場アンカー
1号機
無足場アンカ-
2号機
無足場アンカ-
4~5号機
標準削孔径
45~90
90
90~115
標準削孔長
単管5
二重管~7 
二重管~20
打撃数 bpm
2250/空圧
1600/空圧
1600/空圧又はダウンザW打撃
回転機構  
ライフルバー/空圧
油圧7.4kw×2倍
油圧14.8kw×2倍+増設タイプ
回転トルク N-m
56
981
1962~2740
打撃力
100
304
最大363~550
引抜力  kN  3.3  3.3   17.7
削孔機重量
153
280
340
大型ロータリーパーカッション機-削孔長30m級性能以上(回転トルク2940N-m、打撃力294J、引抜力21.6KN)
他機との性能対比では30m級レベルですが、最大削孔長20mとして運用しているので、十分な性能を有しています

 ※無足場アンカー削孔機は、打撃=エアー動力・回転=油圧動力とする新規格構成のロータリーパーカッション機
 ※開発ツール/最小削孔径70㎜で二重管削孔が可能な経済性の高いロストビットは2号機までに装着します
 ※開発ツール/世界初ダウンザホールハンマーとのW打撃を可能として3倍以上の岩削孔性能を高めた
  特許ツールスのインプッシュアダプタは削孔径90mm⇒2号機以上、径115mm⇒4号機以上に装着可能です。

  
尚、不可能を突破したインプッシュアダプタについては SDW工法の特徴 に詳しく説明しています
  下記の超硬岩現場でも他工法が断念する中、当工法だけ完成しました
  
  硬岩・超硬岩域は、削孔ロッド強度により超大型ボーリングマシンでも困難な削孔条件です
  特許開発ツールのインプッシュアダプタにより大型ボーリングを凌ぐ岩削孔性能を体験できます


★削孔機製造メーカー/ヤマモトロックマシン㈱による削孔長検証
 条件/1.削孔機  ➡ 無足場アンカー工法4号削孔機
(グランドアンカー施工可能機)
    2.削孔方式  ➡ ロータリーパーカッション二重管削孔
    3.削孔径 
   ➡ 削孔径96mm(呼称90)、削孔径118mm(呼称115)
    4.
土 質
     ➡ 軟岩 (打撃力・回転力を特に必要とする土質の為)
    5.装 置
    ➡ インプッシュアダプター(特許製品)装着



  ★無足場アンカー工法による削孔径135mm施工を検証する
 条件/1.削孔機  ➡ 無足場アンカー工法5号削孔機(グランドアンカー施工可能機)
    2.削孔方式  ➡ ロータリーパーカッション二重管削孔
    3.削孔径
     ➡ 削孔径138mm(呼称135)
    4.
土 質
     ➡ 軟岩 (打撃力・回転力を特に必要とする土質の為)
    5.装 置
    ➡ インプッシュアダプター(特許製品)装着

 ●削孔機性能を検証する為に資料を公表しますが、削孔径135mmを施工採用しません



***********************************************************************************************

無足場アンカー工法の技術2/新発案で孔内亀裂によるグラウト逸失を解消
  
    ※従来の布パッカー対策方法に比べて30%弱で施工可能

  
   
  【グラウト逸失対策/途中亀裂 ・玉石混じり土への対応方法







          
グラウト逸失対策工/Cクラック歩掛


     
加工前/原材料・・・自然分解される充填材を3.5倍圧縮圧入
※この裏付けとして、公的資料でも施工要綱として明確に指定されています。
    

    ★鉄筋挿入工の施工指針について


【補足説明】

通常のボーリングマシン削孔では、鉄筋挿入工が高削孔長(m以上)の場合、アンカー工に比べ低経済性となる場合が多い

(要領においても鉄筋挿入工の限度基準を7mとしているp72)が、無足場アンカー工法は、ボーリングマシンであっても

足場仮設が不要で削孔性能も高いので、無足場アンカー工法に限り、挿入鋼材が安価な分、鉄筋挿入工が優位となります。

また、単管削孔は簡易条件削孔なので低性能機で削孔できる工種です。その為、最長削孔長は土質に影響され軟岩3m~砂質土5m程度

が常識的な範囲です。また、大型ボーリング機と同じ削孔方式であるロータリーパーカッション二重管削孔は無足場アンカー工法の場合、

全土質で削孔長20m迄可能です。他は大規模足場を要す40kw以上の大型ボーリング機しか性能的に対応できません。

※無足場アンカー工法は、明確な性能証明としてコリンズ番号を表示した10m以上の高削孔長/グランドアンカー実績が

近々も含め30件以上あり、製造メーカーによる削孔機性能比較資料により妥当性を確認できます。

 













【補足説明】

   鉄筋挿入工発注数の平均崩落深度2mは、滑り土砂深さの事。つまり、それを抑える為に定着層が

   1.0m~1.5mは必要と思われ、さらに安全率や周辺の脆弱環境判断から3m~5mの削孔長設計が

   多いと推察されます


                                                                  ▲ページの先頭


**************************************************************************************************************