予防治山/樹間部分で斜面安定対策を行うと崩落後の対策に比べてはるかに経済的です
 樹木伐採・切土掘削・法面整形が不要となり、上部からアンカー施工で逆巻施工も解消します

 無足場アンカー工法 直接斜面に鉄筋挿入工+アンカー+排水ボーリングを施工できる

 Slope Drive method of construction by Wire operation


                      <<情報サイトの選択>>
・・・下線の文字域をクリックして下さい!

TOP | 工法開発の歴史 | SDW工法の特徴 |二重管削孔単管削孔
複数機施工大型受圧板最速施工 |
安全施工
樹間施工土砂災害対策 |
土石流対策防塵・防音・凍結防止・油圧冷却装置難工事施工例
高所立会方法
老朽化斜面対策/アイビーウォール凹凸対応受圧板/キャッチアーム
協会員施工実績新聞・論文評価技術証明資料

 
以下に他工法の問題点を記載  以下のような不正をいつまで許すのですか? 恥ずかしい・・・日本人の技術・誇りにかけて撲滅しましょう
 各不正施工を解説/
不正施工の対策検証軽量機の足場数量不正
 強度不足グラウト充填品質 自穿孔検証  吊り台車の限界
クライミング削孔削孔要素不備インバーターチゼル 
 ケーシング削孔の詭弁 真実の削孔比較 
| 二重管偽装
拡径ビットでは二重管不可 /不正二重管証明動画を暴く



    樹間施工/伐採せずに斜面安定させる経済性の高い工法

    ※鉄筋挿入工を
無足場アンカーで行い、特許受圧板のキャッチアーム

     組み合わせる事によりワイヤーネット工の中で抜群の品質と経済性を実現します

*******************************************************************************************
 従来の斜面安定工法   ロータリーパーカッションドリルの場合!


     従来の施工構成   
      
     ※その他交通規制や施工間の進捗調整待ち、運送費等 準備工だけで大変な経費や時間が費やされる

     一般の斜面安定対策を画期的に改善させる


 樹間施工の斜面安定工法   無足場アンカー工法の場合!


【無足場アンカー工法の経済性比較】赤い部分は必要なくなる!


※予防治山は施工対応性・経済性・対策スピードが重要です

無足場アンカー工法の施工構成/現状法面に設置だけですぐに本設施工
  

  

   ※ 削孔機設置のみで本施工に至る準備工が大幅に軽減される  
 

   1.樹間施工は、不安定土石を掘削撤去せずに自然環境を維持したまま、設計強度計算の
    移動層(地滑り層)として安定させる工法です。これにより、対策が早く、高経済性、
    高環境性を両立させた対策が可能です。
   2.実現するには、木々を伐採しないので足場仮設が不要であり、十分な削孔長を
    有する性能が必要です/二重管削孔可能、削孔径90mm以上、削孔長20m性能の
    無足場アンカー工法なら十分可能です
   3.地滑りの大きな原因は、移動層の含水率が高くなる事です。対策としてはアンカーや
    鉄筋挿入工で移動層を安定させ、集排水ボーリングにて土層の含水率を低下させる
    事が効果的です。無足場アンカー工法は土砂だけなら削孔長30mも可能なので
    集排水ボーリングであっても十分な性能を有しています。


*************************************************************************************************************** 
   NEXCO高速道路/トンネル・橋脚施工困難地での独占的な崩落対策
*************************************************************************************************************** 
  

@   トンネル出入口上部法面での施工

施工の困難性/従来工法

1.足場仮設設置&クレーン作業の為、交通規制が必須となる場合が多い

2.足場仮設設置&クレーン作業の為、法面の樹木伐採が必須となる。土砂撤去⇒法面整形⇒法枠工

3.作業搬入路の設置が道路下道からで工期がかかる

4.足場強度不足の為に削孔機1台しか施工できないので、数倍の工期短縮はできない

5.二重管施工などの落盤する(孔壁が自立しない)土質の施工は大型機が必要なのでさらに困難となる

困難に対する無足場アンカー工法の対策・優位性

1.足場仮設が不要で、クレーンが不要。高重量の動力機も遠隔配置できるので通行に影響はない

2.足場仮設が不要で、受圧板にすれば伐採なしでその状態のままで施工可能

3.削孔機なども軽量部材で構成されているので索道(ケーブル吊り搬入)など簡便な設備で可能

4.複数機の同時施工が可能なので工期の短縮可能

5.小型機でも特許性能で大型機と同等の性能を持つので二重管施工(大型機同等のロータリーパーカッション方式)が、小型機で唯一可能で削孔性能に問題が無い

A   橋脚据付位置、下部法面での安定施工

施工の困難性/従来工法

1.足場仮設設置において必須のクレーン作業の為、交通規制が必須となる場合が多い

2.周辺に道路が無く、搬入路の設置が困難で工期がかかる

3.足場強度不足の為に削孔機1台しか施工できないので数倍の工期短縮はできない

4.二重管施工などの落盤する(孔壁が自立しない)土質の施工は大型機が必要なのでさらに困難となる

 

困難に対する無足場アンカー工法の対策・優位性

1.足場仮設が不要で、クレーンが不要。高重量の動力機も遠隔配置できるので通行に影響は少ない

2.削孔機なども軽量部材で構成されているので索道(ケーブル吊り搬入)など簡便な設備で可能

3.複数機の同時施工が可能なので工期の短縮可能

4.小型機でも特許性能で大型機と同等の性能を持つので二重管施工(大型機同等のロータリーパーカッション方式)が、小型機で唯一可能で削孔性能に問題が無い





           ページの先頭

 ********************************************************************************************************************
 スポリカ株式会社/工法運営体制

 ● スポリカ株式会社/本社/総合管理本部 
   〒683-0853 鳥取県米子市両三柳954−3アロサールB-101
    TEL : 0859-57-3520  FAX : 0859-57-7378    muashiba_sporec@yahoo.co.jp

                                         
 ● スポリカ株式会社/企画設計部/西日本営業本部                    
   〒683-0853 鳥取県米子市両三柳922番地1

    090-6833-6601          srk@triton.ocn.ne.jp

 ● スポリカ株式会社/関東支店/東日本営業本部 
   〒134-0084 東京都江戸川区東葛西3−10−2 211号 
    080-4323-1901          srk-tokyo@sc5.so-net.ne.jp                                 

 ■ 無足場アンカー工法 DEPO/配送整備工場
  
 〒729-5124 広島県庄原市東城町東城/中国縦貫自動車道東城インターより5分 

  無足場アンカー協会事業部/開発実験研究施設                       
   〒683-0033 鳥取県米子市長砂町720番地11

    TEL&FAX : 0859-29-1836   muashiba_sporec@yahoo.co.jp



鉄筋挿入工 グランドアンカー ロックボルト 土砂災害 切土補強土工 鉄筋挿入工 鉄筋挿入工 鉄筋挿入工 鉄筋挿入工 鉄筋挿入工
グランドアンカー 鉄筋挿入工 グランドアンカー ロックボルト 土砂災害 切土補強土工 ロックボルト 地滑り対策 二重管削孔 ロータリーパーカッション
土砂災害 鉄筋挿入工 グランドアンカー ロックボルト 土砂災害 切土補強土工  地滑り対策 二重管削孔 ロータリーパーカッション
鉄筋挿入工 グランドアンカー ロックボルト 土砂災害 鉄筋挿入工 グランドアンカー ロックボルト 土砂災害 土砂災害 土砂災害
最適工法  鉄筋挿入工 グランドアンカー ロックボルト 土砂災害 切土補強土工  地滑り対策