豪雨災害/今こそ、広範囲を最速対策できる無足場アンカー工法を土石流対策に活かす時です。
 ★
被災地に残された巨石は何処から?毎年繰り返される河川氾濫も、砂防ダムによる対策が原因でした。

 低効果の砂防ダムを造り続ける無駄・・・土石流対策工法の問題点を解決した費用対効果抜群の先進工法
 

 土石流対策を検証 無足場アンカー工法よる土石流先進対策 鉄筋ー工の最適工法、広く土砂災害に活用でき、二重管削
 Slope Drive method of construction by Wire operation


                      <<情報サイトの選択>>
・・・下線の文字域をクリックして下さい!

TOP | 工法開発の歴史 | SDW工法の特徴 |二重管削孔単管削孔
複数機施工大型受圧板最速施工 |
安全施工
樹間施工土砂災害対策 |
土石流対策防塵・防音・凍結防止・油圧冷却装置難工事施工例高所立会方法
老朽化斜面対策/アイビーウォール凹凸対応受圧板/キャッチアーム
協会員施工実績新聞・論文評価技術証明資料


以下に他工法の問題点を記載  以下のような不正をいつまで許すのですか? 恥ずかしい・・・日本人の技術・誇りにかけて撲滅しましょう
 各不正施工を解説/
不正施工の対策検証軽量機の足場数量不正
 強度不足グラウト充填品質 自穿孔検証  
吊り台車の限界
クライミング削孔削孔要素不備インバーターチゼル 
 ケーシング削孔の詭弁 真実の削孔比較
| 二重管偽装
拡径ビットでは二重管不可 /不正二重管証明動画を暴く


※国土交通省NETIS−V(事後評価認証登録)/登録番号CG−090003−VE(V最高評価) →登録詳細
※国土強靭化計画/2018.4より森林整備税が交付されました。必要性を理解しましょう

 ★検証ポイント
 @災害実態/対策より発生数が多くて解決できないジレンマ
 A砂防ダム/対策効果・実験結果と問題点
 B無足場アンカー工法対策/問題点解決方法と費用対効果



 @災害実態/対策より発生数が多い。解決できないジレンマ・・・
       原因は、発生原因域に対策が出来ない既存工法でした。


   ※土石流危険渓流及び急傾斜地崩壊危険箇所に関する調査結果の公表
   
   現状の災害発生件数について・・・【国交省/国土保全2015.3.28発表】


前回の調査結果と比較すると、「土石流危険渓流(人家5戸以上等)」は約1万渓流増加し、
 「急傾斜地崩壊危険箇所(人家5戸以上等)」は約2万7千箇所増加しています。

【土石流危険渓流(人家5戸以上等)】
  平成5年・・・・79,318渓流
  平成15年・・・・89,518渓流
【急傾斜地崩壊危険箇所(人家5戸以上等)】
  平成9年・・・・86,651渓流
  平成15年・・・113,557箇所

なお、主な増加要因は次のとおりです。

土砂災害防止法の制定を受け、地形の判読等にあたり、大縮尺の地形図の活用の促進
    (例えば1/25,000→1/5,000に変更)及び空中写真の利用等により、渓流や箇所の抽出に用いた基図の精度が
    向上した結果、より詳細に把握することが可能となったこと。

都市周辺部への市街地の拡大により、都市近郊の山麓部や扇状地等に住宅等が新規に立地したこと。

危険箇所や被害想定区域の考え方等(災害弱者関連施設を公共施設に取り込んだこと、火山地域の
    被害想定区域の地形の傾斜度の変更等)について一部見直したこと。

   

今回、人家5戸未満の範囲も調査の対象に加え、調査した結果、「土石流危険渓流等」は
     全国で約18万渓流、「急傾斜地 崩壊危険箇所等」は全国で約33万箇所と判明しました。


 A砂防ダム/対策効果・実験結果と問題点

 ※土石流の発生原因と問題点     参考文献・・・土石流が砂防ダムを超えた
 

原因としては、短時間での急激な降雨などにより土中にしみ込んだ水分が十分に排水されない。
つまり、滞水地点の土中水圧が上がり斜面が膨張して限界点に達した時に爆発的に吐出し、
周辺域とともに土石流となって高速で流下します。
また、新たな問題は
2014年の長野県南木曽町梨子沢土石流災害の定点カメラ画像で実証されたように、
災害対策として設置した砂防ダムは、流下速度の速い体積が大きい間伐材や自然の枯れ木によって3秒で
埋まりました。背景には予算の少ない森林整備にて
、持ち帰れず現地に静置されていた間伐材などが
河川に流下して、土石等とともに砂防ダムを短時間で満杯にして
機能を消失させました。
新設時の砂防ダムの機能が、通常時の堆積により満杯となり機能を消失する砂防ダムの問題は無視できません

※早期対策が重要/2014.8.20に発生した広島県土石流災害の応急対策として

 施工の早いワイヤーネット工が仮設施工されました。




       
設置直後                    1年後/土石流の補足状態

※わずか一年で、これだけの土石が補足されています。これは、平均的な砂防ダム

 14m級(建設費約6億円)より大きな20mのワイヤーネット工での土石流対策効果を

 確認できます。 しかし、注目すべきは早期に埋まってしまった現実を問題視する

 必要があります。ほぼ満砂状態でも耐えているので、仮設の成果が認められますが

 問題は一年で満砂した事により消失したダム機能と次回に対する備えをどうするか

 という事です。それには復旧浚渫⇔満砂という永遠の連鎖が必要となりますが、

 予算が限られる中、実際には増え続ける他の危険地域の対策が優先され、機能回復

 工事は現実的には、ほぼ実施されていないのが現実です。

 つまり、費用対効果の観点では堰き止めるという対策方法は限界・・・という事実です。


   やはり、現実的な解決法を考慮すると
・・・土石流を発生させない対策が必要です
 
   現在、性能面で現実的に無足場アンカー工法だけが可能ですが高所の原因域を

   一般に実績のある抑止対策で安定させ、発生原因を排除すれば可能です。

   事後対策より
事前予防対策(予防治山)経済的で重要なのです・・・
 
   

   現状の対策?下流域の砂防ダムで土石をせき止める?・・・満砂で効果消失

************************************************************************************************************

             【土石流発生実験/堆積土石が被害の原因】

         ※発生再現/上流域に土石として砂利を置き、水を流す
    
捕捉/川の蛇行もなくした方が効果的なので対策概要として製作されています。




    実験映像は埋まっていない新設ダムなので ・・・  実験映像 除石して水だけにする効果は絶大


     1.CEが現状の最善策とされている砂防ダムの対策理論ですが、Eのように

     満杯となっている状態では、次の土石流ではダムを飛び越えて十分に機能せず

     A〜Bのように被害が発生します/下記 
満砂の砂防ダム 映像参照。 

     つまり、新設時には効果があるが、災害発生までの期間における土石の

     通常自然流下によりダムが埋まり効果が早期に消失する現状があります。


        中央に満杯状態の砂防ダムがありますが  ・・・ 満砂の砂防ダム効果?  効果が消失しています

   2.満杯土石を浚渫する対策は、他の危険地域も遅れている現状では事実上、出来ない。

     また、多くの事例では、新設ダムでは土石流が無くても台風などでの崩壊土石により

     自然流下して早期に満杯となってしまうのが現実。つまり、実際に発生した時には

     日常の堆積により対策効果が消失されているのが現実です。


        それでも、河川傾斜が少し緩くなっているので流下速度が低下する等、馬鹿なことを真顔で言う人もいますが、

      満砂時での対策効果の消失は上記映像を見ても明らかです。
既得権者の抵抗もあるでしょうが、全て税金です。

      行政が費用対効果を追及するのは義務だと思います。報道しないマスコミのでたらめも甚だしい。


       砂防ダムで安全になったと騙されて、被害者も再びダム直下に新居を建ててます。・・・気の毒の一言








   3.近年(2017〜)になって、国交省(東北地方整備局など)の先進の取り組み/試行として

     既設砂防ダムを切開し、スリットダム(透過型)を併設する工事を発注しています。

     
     

4.愚策による人災/最近の河川氾濫も、砂防ダムに頼る治山対策が原因でした。

  最近、下流部で河川氾濫による災害が多くなっています。増水して土手を乗り越した?

  違います。それでは、被災後に街に残された多数の数トン級岩石の謎が残ります。

  正解は、またしても砂防ダムです。土石流で加速された岩石が砂防ダムを乗り越え

  河川を下り、湾曲部で土手を守る護岸コンクリートブロックに衝突して破壊します。

  その後、土手本体は土砂なので簡単に洗堀されて決壊します。街に残された巨石は、

  山から運ばれたものだったのです。既得権者(地元建設業者など)の為に守られた

  愚策/砂防ダムによる人災と言えば被災者があまりに気の毒ですが、やはり土石流の

  発生源である高所域を安定させて巨石や土砂を崩壊させず河川に供給させない、

  土石流を発生させない対策が、未来の日本の為に必至です。

**************************************************************************

  ★砂防ダムも、欠点がかなり改善され、満砂による性能低下解消が期待されるが

   土石流後の停留物除去や日常に河川に流入する間伐流木も多いので撤去などの

   維持管理が永久に必要となり、これでも砂防ダムでは多くの問題が残ります。
**************************************************************************

 B無足場アンカー工法での対策/問題点解決方法と費用対効果

         【無足場アンカー工法は砂防ダムの問題を解決できる】

   ●無足場アンカー工法では、上流域の土石発生部斜面を集排水ボーリングや
    
    補強土工(既に実績豊富で確立されている工法だが、従来、上流域では不能)

    により不安定斜面の含水圧を低下させ、上部域の崩落土石を発生させない事で

    土石の堆積を無くし、土石流自体を発生させない方法を提唱しています。

 
   試算では砂防ダムに比較して経済性で-50%以下、対策速度も3倍(さらに複数台施工により

    数倍の施工進捗)以上の短期で可能
であり、土石流対策の問題を解消できる唯一の方法です
 

************************************************************************************************************

        
【堆積土石を無くすと対策効果抜群】

    

        
       ************************************************************************************************************

       【無足場アンカー工法の抑止方法/発生域を安定させる】

     
     
    

※補強土工/鉄筋挿入工の説明
  
  地中の滑り土砂をパチンコの玉としたら釘が無いと障害が無いので真っ直ぐ落下します。つまり地滑りします。
 
  しかし、鉄筋挿入工というアンカー(釘)があると障害となり、方向がずれて滑り土砂が互いに衝突して、

  自身の滑り力で固結層を形成し地滑りを効率よく抑止します。これは下流域で効果が立証された工法です。


※集排水工の説明

  
  土石流は、上流斜面土砂が過度に含水する事により、土壁が崩れるなどして排水経路が潰れるか許容量を

  超える事で水圧が増し、限界が来ると爆発的に出水して周辺土石と共に流下します。

  その対策として含水法面に数10メートルの有孔管を事前に埋め込み、常に排水する仕組みを施工すれば

  圧力軽減されて火傷時の水ぶくれで膨らんだ皮膚に針を刺すと瞬時にしぼむように発生原因を断ちます

  これも下流域では集排水工として実績豊富な対策工です。


 ★結  論
 
 従来、高所/上流原因域で有効な対策工法がなかったから、下流で待ち受ける

 砂防ダムという方法が仕方なく採用されてきたのが現実です。

 高所でも普通に施工できる無足場アンカー工法での対策工は、常識的に最良

 (高経済性・効果・維持力等々)と多くの設計者・発注者が認めています


 【 土石流対策の現状と無足場アンカー工法による提唱対策 

1. 潜在的な問題

@気象や重力により山腹の崩壊を完全に無くす事は出来ない

A斜面安定抑止工として有効な鉄筋挿入工や集排水ボーリング工は、大規模足場仮設・大型削孔機械など
 高重量、大量資材、クレーンの設置困難等の理由から上流域(土石流発生域)での施工が極めて困難


2.直接原因

B豪雨などにより上流域斜面の含水圧が急激に上がり、不安定となり一挙に爆発崩壊、激流となり
 土石流災害を引き起こす

C通常時に斜面より崩落した土石や流木が上流域に堆積して、土石流の被害を引き起こす原因と
 なっている

D近年、林業不況から管理されない森林が多くなり根張りが弱く間伐されない倒木など山腹荒廃が
 目立っているが間伐された木々も現地に静置されるので豪雨や崩落により河川に流入している

E現状は下流で待ち受け土石を堰き止める砂防ダム対策がとられているが、上流崩落土石や間伐材
 の流下によりダムが早期に埋まり、肝心な災害時でのダム機能を消失させている事例も多い


F砂防ダムは山の土石による栄養素の河川、海への供給が遮断されるので生態系の破壊を起こし、
 砂利や砂の建設用材の不足、海への砂が供給されない事などから海岸線が浸食され護岸工事増の
 原因となっている


図1.河川への流入木が土石より早く砂防ダムを瞬時に埋める ・・・ 

間伐材が瞬時に砂防ダムを埋める動画 梨子沢/土石流・・・だから、森林整備は重要です。

3.問題に対する対策

G高所施工・集排水ボーリング・複数台施工など対策工法として必要な工法性能を有する
 無足場アンカー工法により、B、Cの土石流の主要原因を排除する

H上流域への移動に設置する設備が小規模・軽量なので使用できる作業用モノレールを使用して
 流木回収などD、Eを解決する

I砂防ダムを透過型にする事でE、Fを解決する

4.対策により予想される成果

1.土石流災害の原因である堆積土石の減少や流下木・堆積木の減量により河川に沿った
 流下水だけに近づくので先の実験結果からも深刻な災害が減少すると予想される                                

 2.直接原因域に対策できる事により堰き止める必要が無いので自然回復がなり、
  特に維持管理しなくても生態系回復、建設用材不足、護岸工事増加などが減少し

 
 自然発生的に回復する

※無足場アンカー工法の治山事業/全体図





***************************************************************************************************************************************

 スポリカ株式会社/工法運営体制

 ● スポリカ株式会社/本社/総合管理本部 
   
〒683-0853 鳥取県米子市両三柳954−3アロサールB-101号
    TEL : 0859-57-3520  FAX : 0859-57-7378    
muashiba_sporec@yahoo.co.jp

                                         
 ● スポリカ株式会社/企画設計部/西日本営業本部                    
   〒683-0853 鳥取県米子市両三柳922番地1

    090-6833-6601          srk@triton.ocn.ne.jp

 ● スポリカ株式会社/関東支店/東日本営業本部 
   〒134-0084 東京都江戸川区東葛西3−10−2 211号 
    080-4323-1901          srk-tokyo@sc5.so-net.ne.jp                                 

 ■ 無足場アンカー工法 DEPO/配送整備工場
  
 〒729-5124 広島県庄原市東城町東城/中国縦貫自動車道東城インターより5分 

  無足場アンカー協会事業部/開発実験研究施設                       
   〒683-0033 鳥取県米子市長砂町720番地11

    TEL&FAX : 0859-29-1836   muashiba_sporec@yahoo.co.jp



鉄筋挿入工 グランドアンカー ロックボルト 土砂災害 切土補強土工 鉄筋挿入工 鉄筋挿入工 鉄筋挿入工 鉄筋挿入工 鉄筋挿入工
グランドアンカー 鉄筋挿入工 グランドアンカー ロックボルト 土砂災害 切土補強土工 ロックボルト 地滑り対策 二重管削孔 ロータリーパーカッション
土砂災害 鉄筋挿入工 グランドアンカー ロックボルト 土砂災害 切土補強土工  地滑り対策 二重管削孔 ロータリーパーカッション
鉄筋挿入工 グランドアンカー ロックボルト 土砂災害 鉄筋挿入工 グランドアンカー ロックボルト 土砂災害 土砂災害 土砂災害
最適工法  鉄筋挿入工 グランドアンカー ロックボルト 土砂災害 切土補強土工  地滑り対策 二重管削孔 ロータリーパーカッション