くさびにより、屈折させ斜面をつかむ事により不陸設置対応や引き込み抵抗を増加させた先端技術特許製品
 
未来の当たり前を作る−偽りのない技術を提供します/初めて公的機関で強度試験をしました

 斜面凹凸対応独立受圧板/特許製品キャッチアーム 受圧面積最大・高経済性を誇る高性能製品
 Slope Drive method of construction by Wire operation

 
                      <<情報サイトの選択>>
・・・下線の文字域をクリックして下さい!

TOP | 工法開発の歴史 | SDW工法の特徴 |二重管削孔単管削孔
複数機施工大型受圧板最速施工 |
安全施工
樹間施工土砂災害対策 |
土石流対策防塵・防音・凍結防止・油圧冷却装置難工事施工例高所立会方法
老朽化斜面対策/アイビーウォール凹凸対応受圧板/キャッチアーム協会員施工実績新聞・論文評価技術証明資料

以下に他工法の問題点を記載  以下のような不正をいつまで許すのですか? 恥ずかしい・・・日本人の技術・誇りにかけて撲滅しましょう
 各不正施工を解説/
不正施工の対策検証軽量機の足場数量不正
 強度不足グラウト充填品質 自穿孔検証  吊り台車の限界
クライミング削孔削孔要素不備インバーターチゼル 
 ケーシング削孔の詭弁 真実の削孔比較 
| 二重管偽装
拡径ビットでは二重管不可 /不正二重管証明動画を暴く


 ★検証ポイント
 @ワイヤーネット効果/鉄筋挿入工との相乗効果を動画証明
 Aキャッチアーム機能/腕部が屈折することの優位性
 B強度品質証明/自社試験ではなく前例のない公的試験所での強度試験(証明書発行)


*************************************************************************************************
 @ワイヤーネット効果/鉄筋挿入工との相乗効果を動画証明

      ワイヤーネット効果の実験映像です          
    
      ★振動台実験を3回繰り返したところ、ネット網により土砂の崩落時間が延びる事が確認できました
      ★崩落形態がネット網が崩落影響力が分散し、少しずつ崩れるのに対して、ネット無しは一挙に崩れた。
        実際の災害では避難の可否に大きく影響するので、重要な要素と思われます

 
 
   

                     【基本概念】


ジオラマのように鉄筋挿入工+受圧板+ワイヤーネットで斜面を固結させれば植生が回復します
 左から右に植生環境が回復します

   鉄筋挿入工+受圧板の抑止力をワイヤーネットで受圧板連携すると引込抵抗が増大します

*************************************************************************************************
 Aキャッチアーム機能/腕部が屈折することの優位性

1.すべりに対する鉄筋挿入工の抑止性能

   無足場アンカー工法による完全二重管が出来るので、高アンカー品質にて強度が発現 !

2.すべりに対する受圧板の抑止性能/上図のように、単位面積あたり受圧面積が、最も広く

  二重くさびによるアングル作用により土塊を広く多く拘束できるので抵抗効果が高く、Aの

  引き込み抵抗が他の平板製品より大きくなります。


すべりに対するワイヤーネットの抑止性能

  ワイヤー網は受圧板を繋ぎ、点を面として引き込み抵抗を高めます。また、ワイヤー網は蓋となり

  中抜け土砂のはらみだしにも抵抗します。
受圧板単体のり面工低減係数μ=0.7設計強度10t

  を有する製品(鳥取県・広島県の公的機関実験/工業試験所にて証明)ですが、さらに加えて発揮される

  ワイヤーネット網の相乗効果も社内実験(動画配信)で実証されている為、補強効果を確認できます


      

アームが曲がる事によりアングル効果が発生し、より多くの土塊を捕捉する。それにより受圧板の引き込み抵抗は、

  面積以上に増大し抑止効果が高まります。

              

従来、斜面の不陸整正を土嚢で人力にて埋めていたが、雨水などの地盤浸食などにより崩れ出す場合が多かった

  為に、くさびによるアーム屈折機能を持つ事によって直接的に土嚢を抑えるので、少量の土嚢で強固な不陸整正が

  行えます。また、二方向の二重クサビは、地盤の高弱変動に対応して最適位置に移動して受圧板の強度を維持します

  これは、高温にさらされるストーブなどで膨張収縮を繰り返す接続部に施されるリベット締と同じ理屈の高技術です。


         

★強度設計(低減係数の算出)によると受圧板面積補強材長打設間隔が要素としてあります。

つまり受圧板では、強度が同じなら面積が大きい程、受圧性能が高いといえます。

キャッチアームは独立受圧板の中では最大面積であり、上記のアングル効果のように面積だけではなく拘束土塊が

多くなるので抵抗値を更に向上させます。

また、ワイヤーネットは受圧板同士を連携させて点から面で抑え、土塊の中抜け防止の意味でも有効な機能であり、

低減係数では数値化表現(受圧板接続のワイヤー方向が三角or四角であろうが不陸の地盤に再生不可で無意味)

が不能ですが、実験成果で強度増加や暖速崩壊(一挙に崩れず、亀裂発生の後に徐々にゆっくり崩れる)の効果は

被災者の退避時間を稼ぐ等を考慮すると明らかに有効性が確認されており重要な要素と思われます。
 

*************************************************************************************************
B強度品質証明/条件・成果の不明な自社試験ではなく他に前例のない
 鳥取県・広島県の公的試験所で職員による強度試験実施(証明書発行)


  
  
  ★荷重は11.8tでも、二重クサビがアームの適正対応角度を調整して余裕で対応している。 
 
   試験目標荷重10tを超えたので終了したが、続ければさらに伸びていたと推測される

  
 
★クサビ接続部の強度を心配されるが、クサビはしっかり機能しており、荷重は受圧板中央部に集中している

  つまり、アーム部受圧荷重が最も強い中央部に伝達される理想的な製品形状である事を表している



     
          
     
       

   


  
  


 

受圧板ピッチについて

 
 上記は、比較上吹付枠工と同じ2mに合わせて計算しています。

 設計手法を「切土補強土工法:NEXCO」に準じるならば、「2uに1本:P35」を

 標準にしており
一般的に吹付枠工の場合は「剛なのり面工の場合2mまで

 飛ばしてもよい」とあります。

 そのため、吹付枠工以外は1.5mピッチで設計している場合が多いのですが、
 
 キャッチアームの場合は受圧板が大きい為、受圧板間もわずか86.6pとなっています。

 法枠が基準1.5tの梁強度に対してキャッチアームのステンレスワイヤー6oは
 
 2.45tの破断強度となっています。よって前述の[剛なのり面工]の基準が法枠工で

 達成されているなら、より強いキャッチアームは[剛なのり面工]といえます。

 さらに防錆効果の高いステンレスワイヤーは50p×50pピッチの格子状で全面に

 張り巡らされており分力効果から点から面の強度が発揮されるものと推察されます。

 
 ★
吹付枠工は梁が連続しているので強い?

 
 吹付枠工は梁が連続しているから強いと言われますが、実際はモルタル膨張により

 亀裂が入るので最大延長10mで伸縮目地を設けなければならず、つまり切断する

 必要があります。一方、ワイヤーネット工は金属製品でありセメント製品ではないので

 気温や特性による膨張・伸縮を考慮する必要は無く、ワイヤーにより連続して一体化
 
 できるので安定強度は、はるかに大きい


    
   

      参考写真/もたれているだけの法枠は、一旦すべると抵抗が無くすべり力に
    
      自身の重量によって加担する

      写真@/地盤のはらみに抵抗できない 写真A/はらみにより目地から切断落下している

    

   ※樹間施工は、国交省六甲砂防事務所による六甲グリーン砂防事業などで多くの実績が
    あり、林野庁の山腹工の他、高所地すべり対策に採用されています。
・・・
関連リンク









***************************************************************************************************************************************

 スポリカ株式会社/工法運営体制
 ● スポリカ株式会社/本社/総合管理本部 
   〒683-0853 鳥取県米子市両三柳954−3アロサールB-101号
    TEL : 0859-57-3520  FAX : 0859-57-7378    muashiba_sporec@yahoo.co.jp

                                         
 ● スポリカ株式会社/企画設計部/西日本営業本部                    
   〒683-0853 鳥取県米子市両三柳922番地1
    090-6833-6601          srk@triton.ocn.ne.jp

 ● スポリカ株式会社/関東支店/東日本営業本部 
   〒134-0084 東京都江戸川区東葛西3−10−2 211号 
    080-4323-1901          srk-tokyo@sc5.so-net.ne.jp                                 

 ■ 無足場アンカー工法 DEPO/配送整備工場
  
 〒729-5124 広島県庄原市東城町東城/中国縦貫自動車道東城インターより5分 

  無足場アンカー協会事業部/開発実験研究施設                       
   〒683-0033 鳥取県米子市長砂町720番地11
    TEL&FAX : 0859-29-1836   muashiba_sporec@yahoo.co.jp



鉄筋挿入工 グランドアンカー ロックボルト 土砂災害 切土補強土工 鉄筋挿入工 鉄筋挿入工 鉄筋挿入工 鉄筋挿入工 鉄筋挿入工
グランドアンカー 鉄筋挿入工 グランドアンカー ロックボルト 土砂災害 切土補強土工 ロックボルト 地滑り対策 二重管削孔 ロータリーパーカッション
土砂災害 鉄筋挿入工 グランドアンカー ロックボルト 土砂災害 切土補強土工  地滑り対策 二重管削孔 ロータリーパーカッション
鉄筋挿入工 グランドアンカー ロックボルト 土砂災害 鉄筋挿入工 グランドアンカー ロックボルト 土砂災害 土砂災害 土砂災害
最適工法  鉄筋挿入工 グランドアンカー ロックボルト 土砂災害 切土補強土工  地滑り対策 二重管削孔 ロータリーパーカッション